[刺し子]天極縫い 五島亜希子

天極縫い
刺し子 [天極縫い]とは

”天極縫い”という、裂き布やループを布にひと針ひと針刺していくオリジナルの技法を使い、平面な布地にリズムや生命を与えながら、私は独自のアート観を表現して参りました。
ある時は麻の葉や紗綾形といった日本の古典的な文様を、またあるときは自らデザインした柄を様々なマテリアルと融合させながら、一歩ずつ変容と進化を繰り返してまいりました。

針を持ち始めて、かれこれ三十年の歳月が経ちます。
針を持ち続けていたお陰で本当に多くの方々に出会うことが出来ました。
これは私の人生における誇りであり、宝物でもあります。これから益々、感謝と愛を込め進化し続けてゆく所存でございます。